広告・Googleアドセンス728px

Article(記事) Review(レビュー)

中国聯通(China Unicom)を試してみた

更新日:

ご注意ください
この記事は2年以上前に書かれたものですので、内容が古い可能性があります。


20131128230658374443728

中国移動があまりに遅いので今回の出張から中国聯通(China Unicom)を使うことにしました。

ちなみに中国移動がどれぐらい遅いかというと…

なんと140Kbps。China Unicomは4.7Mbps出ています。

ちなみに今回は月額46元で通信量が150MBまでの3G プリペイドSIMを100元で購入しました。中国移動では280MBで30元/月でしたのでちょっと値上がりしましたが快適さには替えられません。だいたい3日/月ぐらいしか滞在しないので150MBなんて使わないですし。

チャージの仕方は以前記事にした中国移動でのチャージの仕方とほぼ同じです。

自動販売機で100元(または50元)のチャージカード(実際は紙ですが)を購入し、

SMSで10010宛にcz#{PIN}で送付します。

残高は同じく10010宛に102と送信すればOK。

102 残高照会
cz#A{PIN} チャージ

実はApp Storeからアプリもダウンロードできます。その前に中国聯通のサイトで登録する必要がありますが、このアプリで今月利用したデータ量などが分かります。

なんと正味2日間で56MBも使ってた(笑)

この記事は役に立ちましたか?評価をお願いいたします。
[合計: 0 平均: 0]

広告336px

広告336px

-Article(記事), Review(レビュー)
-, , ,

Copyright© 蒲田ネット , 2017 AllRights Reserved.