広告・Googleアドセンス728px

Article(記事)

RemoteFX USB リダイレクト機能でiPhoneとiTunesの同期をする方法

更新日:

RemoteFX USBリダイレクトでWebカメラのリダイレクトは実現できましたが手元のノートPC(Windows10 Pro)に挿したiPhoneとHyper-V上のWindows10 ProにインストールしたiTunesがRetemoFX USBデバイスリダイレクト機能を利用して同期することができました。

RemoteFX USB リダイレクト機能でWebカメラをリモートデスクトップ接続先で利用する方法

私はHyper-V上のWindows10 Proにリモートデスクトップ接続して通常作業をしています。これでたいていのことができているのですが出来ないこともあります。例えば、Webカメラを使ってSkyp ...

続きを見る

どれぐらい需要があるのかわかりませんが、そのやり方についてご紹介します。

リモートデスクトップ時の注意点

まず、リモートデスクトップ接続前にiPhoneを手元のPCに接続しないといけないようです。リモートデスクトップ接続後にiPhoneを接続しても認識されないようです。iPhoneを接続後にリモートデスクトップ接続画面を開きオプション→ローカルリソース画面の下の設定画面を押すと以下のようにApple Mobile Device USB Driverが表示されていることが分かります。

上の「Apple iPhone」ではストレージとしてリモートデスクトップ接続先で認識されます。こちらはPnPデバイスなのでリモートデスクトップ接続後でも認識されます。下の「APple Mobile Device USB Driver」が接続先で認識されないとiTunesでiPhoneが認識されません。

リモートデスクトップ接続先でApple Mobile Device USB Driverが表示されない

リモートデスクトップ先にはiTunesをインストール済みですが、Hyper-V上に構築しているため実際にiPhoneを接続した実績はありません。リモートデスクトップ先のデバイスマネージャーのユニバーサルシリアルバスコントローラー配下にApple Mobile Device USB Driverが表示されれば成功なのですが、そうなっていません。

そこでドライバーを手動でインストールすることとします。

既に、リモートデスクトップ接続先のデバイスマネージャーのポータブルデバイス配下には「Apple iPhone」と表示されていると思いますが、こちらを右クリックし、「ドライバーソフトウェアの更新」を選択します。すると以下の画面が現れますので下段の「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」を選択します。

参照ボタンを押下し、検索するフォルダを指定します。

ドライバは「C:\Program Files\Common Files\Apple\Mobile Device Support\Drivers」にありますのでこちらを指定しインストールします。

ドライバが正常にインストールされたことを確認し一度リモートデスクトップ先のPCを再起動します。

再起動後に再度デバイスマネージャを起動すると正常に認識されています。

iPhoneとの同期

iTunesを起動するとiPhoneマークが表示されるはずですので、これで同期することができますが、

一番最初の接続となりますので、iPhone側での承認が必要となります。

これでいよいよ、Hyper-V上のWindows10をメインPCとできそうです。

この記事は役に立ちましたか?評価をお願いいたします。
[合計: 0 平均: 0]

広告336px

広告336px

-Article(記事)
-iPhone, iTunes, PC, Windows10, メモ

Copyright© 蒲田ネット , 2017 AllRights Reserved.