広告・Googleアドセンス728px

Article(記事)

Windows7を無線アクセスポイントとして使う

投稿日:2013年5月27日 更新日:

ご注意ください
この記事は2年以上前に書かれたものですので、内容が古い可能性があります。

通常はiPhoneやスマホにてテザリングしてPCを繋ぐのが普通だと思いますが、今回の記事はその逆でPCをアクセスポイントにしてスマホなどのデバイスを接続するやり方です。

需要はあるんでしょうか…。まぁ自分への備忘録も兼ねて。

共有したいネットワークを選択しプロパティを表示します。この例ですとワイヤレスネットワークを共有することになります。
環境によっては有線LANになると思います。

インターネット接続の共有にチェックを入れると、
WS000012

上記で指定したネットワークが表示されると思います。
WS000013

あとは以下のようなバッチファイルを作成します。(ファイル名をwlan.batとしています)

netsh wlan set hostednetwork mode=allow
netsh wlan set hostednetwork ssid=<SSID名> 
netsh wlan set hostednetwork key=<パスワード> keyusage=persistent
netsh wlan start hostednetwork

簡単ですね。
ただし有線LANを共有する場合、うまくテザリングしてくれない時があるようです。
その場合は共有のチェックを一度しなおすと直るようです。バグかな…。

ちなみにこのWindows7へiPhoneをぶら下げた時にiPhoneからVPN(PPTPやIPSEC)を張ってみましたが問題なくテザリングしてくれます。

記事は以上。

この記事は役に立ちましたか?評価をお願いいたします。
[合計: 1 平均: 3]

広告336px

広告336px

-Article(記事)
-Biz, Gadgets, PC, Windows7

Copyright© 蒲田ネット , 2017 AllRights Reserved.