Windows

CapsLockとControlキーをシンプルに入れ替える方法【Windows10】

  

0
(0)

私のようなおやじ世代や、UNIX(SunのWorkStationなど)あがりの人はコントロールキーの位置が左下にあって使いづらいのではないでしょうか。最近だともしかするとmacユーザもコントロールキーの位置がWindowsのCaps Lockキーの位置ですので該当するかもしれません。

余談ですが、私はBack SpaceやDelキーで文字を消すよりもControl-hやControl-dで文字を消す派です。ホームポジションからなるべく指を動かしたくないんですね。

Windowsでは昔からキースイッチアプリを使ってきましたが、シンプルにCaps LockとControlキーを入れ替えるだけのツールがMicrosoftよりリリースされていますので今回はこのユーティリティのご紹介したいと思います。

Ctrl2cap - Windows Sysinternals
This is a kernel-mode driver that demonstrates keyboard input filtering in order to turn caps-locks into control keys.
Ctrl2cap - Windows Sysinternals

上記ツールはMicrosoftからリリースされているユーティリティです。2006年11月から更新されていませんが、Windows10でも動作することを確認しました。

また、本ドライバーはカーネルモードで動作しますのでユーザーモードで動作するキースイッチアプリよりもアプリケーションに与える影響が少ないとも言えます。

 

ダウンロード

以下のサイトからダウンロードしzipを解凍して下さい。

Ctrl2Cap v2.0

インストール方法

左下のWindowsボタンを右クリックし、管理者でコマンドプロンプトを起動します。

Windowsメニュー

Ctrl2Capが解凍されているフォルダまで移動し、

ctrl2cap /install 

と実行します。

ctrl2cap /install

 

 

PCを再起動して完了です。

アンインストールに備えてctrl2cap.zipは保存しておきましょう

アンインストール方法

インストール時と同様に、コマンドプロンプト(管理者)よりctrl2capフォルダに移動し以下のコマンドを叩きます。

ctrl2cap /uninstall 

ctrl2cap /uninstall

PCをリブートして完了です。

記事は以上

この記事は役に立ちましたか? | Is this article useful for you?

評価をお願いします | Please leave your rating.

平均 | Av.: 0 / 5. 投票数 | Votes: 0

最初の評価を下さい | Please vote for the first rating.

-Windows
-, ,

© 1999 - 2020 蒲田ネット