広告・Googleアドセンス728px

Article(記事)

iOS4.3のリリースに備えてECID SHSHを取っておきましょう

更新日:

ご注意ください
この記事は2年以上前に書かれたものですので、内容が古い可能性があります。

この方法を実行すると正常にiOS4.3へアップデートできません。母艦PCのhostsファイルを書き換えてしまうのが原因です。
iOS4.3へアップデートする前にhostsファイルを編集しましょう。
詳しくはこちらを見てください。

iPad2のリリースが発表され、併せてiOS4.3の内容も発表されましたね。

iOS4.3をJailBreak後、いつでもiOS4.2.1に戻せるようにECID SHSHを保存しておきましょう。

ツールはTinyUmbrellaを使います。ダウンロードは以下のサイトから。

The Firmware Umbrella - TinyUmbrella

まずWindowsのタスクマネージャー(taskmgr)を起動しiTunesHelper.exeプロセスを停止しiPhoneと母艦を接続した際にiTunesが起動しないようにしておきましょう。
その後、iPhoneを母艦に接続し、TinyUmbrellaを起動します。

何やらチェックなどが走りSHSHの情報が画面下に表示されます。
それを確認後右上の「Save SHSH」ボタンを押下するとSHSHがCydiaと母艦に保存されます。


肝心のファイルは「Advanced」タブに書いてありますが、デフォルトだとXPの場合、C:Documents and Settingsユーザー名.shshフォルダみたいですので大事にバックアップをとっておきましょう。


iOS4.3のリリースが待ち遠しいですね。

この記事は役に立ちましたか?評価をお願いいたします。
[合計: 0 平均: 0]

広告336px

広告336px

-Article(記事)
-iPhone4, JailBreak

Copyright© 蒲田ネット , 2017 AllRights Reserved.