Windows

自宅サーバがトラブル時に遠隔地からリブートする方法

  

3
(1)

自宅のサーバはIntelのDQ57TMというマザーボードを使っているんですが、今更ながらリモートからBIOSというかファームウェアにアクセスして電源のON/OFFなど出来ることを知りました。

Intel® Desktop Board DQ57TM

インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー (インテル® AMT)

今までも何度か会社へ出勤中に自宅のサーバがハングしてしまったけど何もできないことがありましたが、この機能を使えばiPhoneから自宅のルータにPPTPして管理画面からサーバーのリブートぐらいはできるので非常に便利そうです。

ということで設定してみました。

参考にさせてもらったのは以下のサイトです。
DQ67EPのIntel AMTでWindowsHomeServer2011をリモートする | 徒労日記

まずは電源を入れてF2ボタンを押下しBIOSに入り右側の「Intel(R) ME」に入ります。
P1050718

パスワードを求められますので「admin」と入力すると、新規パスワードを求められます。これがリモートログインする際のパスワードとなりますが、パスワードの条件が厳しいので何度も拒否されるかもしれません。パスワードには大文字、小文字、数字、記号全部含まれている必要があります。

P1050719

「Intel Management Engine Configuration」を選択します。
P1050720

ServerのセッティングでDHCPをDisableにし、IPv4のIPアドレスを設定します。このIPアドレスはリモートアクセス用のIPアドレスとなりますので、OSのIPアドレスとは別のものを指定します。
P1050721

なぜかDefault Gateway を指定するとDHCPがEnableになってしまったり、Escで戻るとホスト名が消えていたりちょっと挙動が怪しいですが、何度が設定してようやく設定が完了しました。ここでは最低限IPアドレスが指定できればOKで、それ以外は後からWebから設定可能です。
IPアドレスを設定したところでF10を押してSaveして再起動しましょう。

そしてまたF2を押してBIOSに入って一旦終了。

そして、PCからhttp://設定したAMTのIPアドレス:16992/にアクセスします。
WS000252

ログイン画面になりますので、admin/先ほど指定したパスワード パスワードを入力します。
WS000253

先ほどはIPアドレスしか指定していなかったと思いますがDefault Gatewayはホスト名など必要な情報をWeb画面より設定します。
WS000254

いざ、遠隔地よりPCの再起動を行いたい時は「Remote Control」メニューからReset→Normal Bootで再起動がかかります。
WS000255

このメニューを使う日が来ませんように。
記事はここまで。

この記事は役に立ちましたか? | Is this article useful for you?

評価をお願いします | Please leave your rating.

平均 | Av.: 3 / 5. 投票数 | Votes: 1

最初の評価を下さい | Please vote for the first rating.

-Windows
-, ,

© 1999 - 2020 蒲田ネット