Windows

iTunesが重くて堪らん!という方へ朗報(かも?)

2010年11月1日

0
(0)

iTunesの動作ってバージョンアップする度に重くなってきて、今や起動すら億劫になってやしませんか?

実はPCにインストールされているアンチウィルスソフトが原因かもしれません。

一度以下をお試しあれ。

アンチウィルスソフトのリアルタイム検索から以下のファイルを除外するだけです。

リアルタイム検索から特定ファイルを除外するやり方は、ウィルスバスター2009の場合のやり方はこちら。

メニュー画面を開き、ウィルス/スパイウェア対策を選択します。

ウィルス/スパイウェアの監視の「設定」を選択します。

リアルタイム検索のチェックボックスを外してリアルタイム検索をしない、という選択もありますが、セキュリティ上問題があるのでやめましょう。「詳細設定」ボタンを押下します。

詳細設定画面から「特定のファイル/フォルダを選択対象から除外」をクリックします。

除外ファイルの選択画面で、iTunesの特定のファイルか、もしくはフォルダごとリアルタイム検索対象外にしてしまいましょう。

除外するフォルダは、

C:\Document and Settings\(ユーザ名)\My Documents\My Music\iTunes

上記フォルダ配下の

iTunes Library Genius.itdb
iTunes Library Extras.itdb
iTunes Library.itl
iTunes Music Library.xml
sentinel

でいいと思います。

どうでしょう?体感的に早くなると思います。
ただし、私の環境はWiFiな上にMyDocumentフォルダをネットワークドライブ上に置いているのでやっぱり遅いのは遅いですね。

でも多少改善されましたのでお試しあれ。

この記事は役に立ちましたか?

評価をお願いします

平均: 0 / 5. 投票数: 0

最初の評価を下さい

  • この記事を書いた人

せとあつ

現在ドイツ赴任中の会社員。20年以上SIer業界で頑張っています。本ブログでは「コンピュータ関連」や趣味の「ガジェット」についての記事を書いています。
プロフィールもぜひ見ていってください

-Windows
-,

Copyright© 蒲田ネット , 2020 All Rights Reserved.