Repair (修理)

Braava(ブラーバ)が故障したので自分で直してみた

2017年10月10日

2
(1)

2015年4月に購入したブラーバの調子が悪くなりました。

床拭きロボット ブラーバ | アイロボット公式サイト

症状としては、

充電台に置くと赤ランプが点きエラー音を出すようになってしまいました。電池の抜き挿しでも直りません。メーカーに相談すると故障かも・・とのことで代金が15千~20千円と言われました。

まさにこれ。
電極の掃除をしましたが症状は治らず。

ということで分解(というほどでもないですが)電池を取り出してもう一度ちゃんと接続してみることにします。電池を内蔵している家電製品って一度電池取り出して、装着しなおすと治ることが多い経験に基づいてます。

ブラーバをひっくり返すとネジがあるのでこれを外します。ドライバーも不要ですね。10円玉があればそれで開くと思います。

すると電池が見えますので取り出します。そして本体と接続されているコネクターを一回外して10分程度置いてから逆の手順でまた電池を接続・設置して蓋を閉めます。

たったこれだけのことですが私のブラーバちゃんの電池は復活したようです。
記事は以上。

この記事は役に立ちましたか?

評価をお願いします

平均: 2 / 5. 投票数: 1

最初の評価を下さい

  • この記事を書いた人

せとあつ

現在ドイツ赴任中の会社員。20年以上SIer業界で頑張っています。本ブログでは「コンピュータ関連」や趣味の「ガジェット」についての記事を書いています。
プロフィールもぜひ見ていってください

-Repair (修理)
-, ,

Copyright© 蒲田ネット , 2020 All Rights Reserved.