広告・Googleアドセンス728px

Review(レビュー)

下天は夢か

投稿日:2004年12月3日 更新日:

ご注意ください
この記事は2年以上前に書かれたものですので、内容が古い可能性があります。

津本 陽著

全4巻。長かった…。
ご存知織田信長のお話です。
文中には名古屋弁満載で読み終わったときにはすっかり「縲怩セぎゃ。」

この本では織田信長は非常に猜疑心が強く繊細な人として描かれておりちょっと意外な感じが。
信長っていうともっと豪胆な人かと思ったけど、戦よりも諜略活動を好んでいたりとか意外。

本能寺の変で信長の死後からは「夢のまた夢」という本に変わって秀吉の話になるんで次はそっち読みます(全5巻)。

この記事は役に立ちましたか?評価をお願いいたします。
[合計: 0 平均: 0]

広告336px

広告336px

-Review(レビュー)
-Books

Copyright© 蒲田ネット , 2017 AllRights Reserved.