書籍

火の粉

2005年5月26日

0
(0)

雫井 脩介 著

おじさんが昔判事をしていた。
それだけにちょっと空恐ろしいサスペンス。

ストーリーは、

元裁判官・梶間勲の隣家に、かつて無罪判決を下した男が越してきた。彼にかけられていていた容疑は一家惨殺。しかし、彼もまた背中に傷を負っており、確たる証拠がないままの判決となった。愛嬌ある笑顔、介護の手伝い、いい人すぎるほどの善意。そして、梶間家の歯車が狂いだしていく・・・。あの男は殺人鬼だったのか?最後までドキドキでした♪

ってな感じなんですが、自分がかつて冤罪として無罪にした被告武内と再開して自分の家庭が崩壊していく様がリアルに描かれています。
しかし、最後はもうちょっとなんとかならんかったのか。

現在の本棚

この記事は役に立ちましたか? | Is this article useful for you?

評価をお願いします | Please leave your rating.

平均 | Av.: 0 / 5. 投票数 | Votes: 0

最初の評価を下さい | Please vote for the first rating.

-書籍
-,

Copyright© 蒲田ネット , 2000-2020 All Rights Reserved.