Linux Server

CentOSのネットワークチューニング。お金を掛けずにスループットを向上しよう。

2017年1月14日

0
(0)

今回はCentOS7.3のネットワーク周りのチューニングを実施し、お金を掛けないでスループットを上げましょう。

性能測定ツールの導入

まずは性能測定ツールですが、speedtest.netはWindowsでもよく利用させてもらっていますが、Linuxコマンドライン用のspeedtest.netもあるんです。まずはこれをインストールします。

# yum install python-setuptools
# easy_install speedtest-cli

でインストールできます。
使い方は、単純にspeedtest-cliと打つだけでいいのですが、

# speedtest-cli
Retrieving speedtest.net configuration...
Testing from Asahi Net (218.45.184.224)...
Retrieving speedtest.net server list...
Selecting best server based on ping...
Hosted by Cordeos Corp. (Tokyo) [3.50 km]: 12.162 ms
Testing download speed................................................................................
Download: 281.61 Mbit/s
Testing upload speed....................................................................................................
Upload: 136.43 Mbit/s
#

以外と速い…(笑)。

サーバーを指定することもできます。

# speedtest-cli --list | grep -i tokyo
6424) Cordeos Corp. (Tokyo, Japan) [3.50 km]
7510) ASEINet (Tokyo, Japan) [3.50 km]
#
# speedtest-cli --server 6424
Retrieving speedtest.net configuration...
Testing from Asahi Net (218.45.184.224)...
Retrieving speedtest.net server list...
Selecting best server based on ping...
Hosted by Cordeos Corp. (Tokyo) [3.50 km]: 14.251 ms
Testing download speed................................................................................
Download: 196.98 Mbit/s
Testing upload speed....................................................................................................
Upload: 143.64 Mbit/s
#

もちろん--server 7510でも構いません。

tunedを使ったチューニング

ネットワーク周りのチューニングにはカーネルパラメーターを調整してチューニングするのもいいのですが、tuned(チューニングデーモン)を使ってチューニングしていきます。
tunedではプロファイルを指定することで手軽にチューニングが行えます。

まずはプロファイルの確認ですが、

# tuned-adm list
Available profiles:
- balanced - General non-specialized tuned profile
- desktop - Optmize for the desktop use-case
- latency-performance - Optimize for deterministic performance at the cost of increased power consumption
- network-latency - Optimize for deterministic performance at the cost of increased power consumption, focused on low latency network performance
- network-throughput - Optimize for streaming network throughput. Generally only necessary on older CPUs or 40G+ networks.
- powersave - Optimize for low power consumption
- throughput-performance - Broadly applicable tuning that provides excellent performance across a variety of common server workloads. This is the default profile for RHEL7.
- virtual-guest - Optimize for running inside a virtual guest.
- virtual-host - Optimize for running KVM guests
Current active profile: virtual-guest

現在はvirtual-guestプロファイルが選択されていることが分かります。throughput-performanceプロファイルにしてみましょう。

# tuned-adm profile throughput-performance

speedtest-cliでスループットを測定してみます。

# speedtest-cli --server 6424
Retrieving speedtest.net configuration...
Testing from Asahi Net (218.45.184.224)...
Retrieving speedtest.net server list...
Selecting best server based on ping...
Hosted by Cordeos Corp. (Tokyo) [3.50 km]: 12.073 ms
Testing download speed................................................................................
Download: 295.40 Mbit/s
Testing upload speed....................................................................................................
Upload: 117.24 Mbit/s
#

いきなり100Mbps弱もスループットが向上して驚きです。

これで一度様子を見てみることにします。

この記事は役に立ちましたか?

評価をお願いします

平均: 0 / 5. 投票数: 0

最初の評価を下さい

  • この記事を書いた人

せとあつ

現在ドイツ赴任中の会社員。20年以上SIer業界で頑張っています。本ブログでは「コンピュータ関連」や趣味の「ガジェット」についての記事を書いています。
プロフィールもぜひ見ていってください

-Linux Server
-, ,

Copyright© 蒲田ネット , 2020 All Rights Reserved.