Apple製品

iPadでMagic Keyboardをつけたままフリック入力したい

  

0
(0)

iPad Pro とMagic Keyboardの組み合わせいいですよね。少々重いですが一発で好きになりました。またトラックパッドの使い心地も非常に良好です。

画面とキーボードが180度開くとApple Pencilが違和感なく使えるのでさらに良かったのですが、次のバージョンに期待しましょう。

さて、今回はiPadにMagic Keyboardを装着している時に文字をフリック入力をしたい場合のやり方について解説します。

普通こういう使い方はしないと思います。私の場合は子供がオンライン授業でiPadでZoomを使っている上、キーボードタイピングよりもソフトウェアキーボードでフリック入力に慣れている、ということからこのような使い方が必要不可欠になっています。

ソフトウェアキーボードを表示する方法

こちらは至ってシンプルです。

文字入力モードになると画面下にステータスバーのようなものが表示されますが、右下の下矢印マークを長押ししてください。

設定

文字入力モード時に右下の下矢印を長押し

するとソフトウェアキーボードが表示されます。私はATOKを愛用していますのでATOKのフリック入力画面が表示されます。

ソフトウェアキーボード

ソフトウェアキーボードが表示されました(ATOK)

ATOK -日本語入力キーボード
ATOK -日本語入力キーボード
開発元:JUSTSYSTEMS CORPORATION
¥1,720
posted withアプリーチ

記事は以上!なんですが、これでは寂しいのでATOK以外についても解説しておきます。

Apple純正ソフトウェアキーボードの場合

設定画面から「一般」→「キーボード」→「キーボード」から新しいキーボードの追加を行います。

設定→キーボード

新しいキーボードを追加、から日本語を追加します。

「日本語」を選択します。日本語キーボードの種類は「かな」を選択します。

キーボード追加

「かな」を選択します

設定の一つ上の階層(一般→キーボード)で「フリックのみ」を有効にします。

キーボード設定画面

フリックのみ、を有効にします

先ほどと同じように、文字入力モードで下矢印を長押しすると行かのようにソフトウェアキーボードが表示されるようになると思います。

ただ、これでは正確にはフリック入力ではありません。

右下のキーボードマークを長押しすると、「フローティング」というのが現れるのでキーボードをフローティングモードにしてください。

ソフトウェアキーボード

キーボードをフローティングモードにします

すると、フローティングモードではありますが、以下のような感じでフリック入力が可能となります。

フローティングモード

フリック入力が可能になりました

ちなみにフローティングモードの解除の仕方ですが、キーボードの上で3本指でピンチアウト(指を広げる動き)すれば先程の固定モードに戻ります。

記事は以上!

この記事は役に立ちましたか? | Is this article useful for you?

評価をお願いします | Please leave your rating.

平均 | Av.: 0 / 5. 投票数 | Votes: 0

最初の評価を下さい | Please vote for the first rating.

-Apple製品
-, , ,

© 1999 - 2020 蒲田ネット