広告・Googleアドセンス728px

Review(レビュー)

国家の品格

投稿日:2006年5月1日 更新日:

ご注意ください
この記事は2年以上前に書かれたものですので、内容が古い可能性があります。

藤原正彦著

日本は世界で唯一の「情緒と形の文明」である。国際化という名のアメリカ化に踊らされてきた日本人は、この誇るべき「国柄」を長らく忘れてきた。「論理」と「合理性」頼みの「改革」では、社会の荒廃を食い止めることはできない。いま日本に必要なのは、論理よりも情緒、英語よりも国語、民主主義よりも武士道精神であり、「国家の品格」を取り戻すことである。すべての日本人に誇りと自信を与える画期的提言。

この本すっごく売れているんですね。思わずタイトルから買ってしまったんだけど
すごくいい本。日本人なら一度は読むべし!って感じです。
(私は右よりではありません。むしろセバスチャンは左より。^^;A)

もともとグローバルスタンダードとか成果主義とかあんまり好きな方ではなかったので
すんなり頭に入りました。日本がますます好きになり、よくしていきたくなりました。

現在の本棚

この記事は役に立ちましたか?評価をお願いいたします。
[合計: 0 平均: 0]

広告336px

広告336px

-Review(レビュー)
-Books

Copyright© 蒲田ネット , 2017 AllRights Reserved.