Linux Server

CentOS7のPHP(5.4系)をPHP7.2にバージョンアップする、ついでにWordPressも5系へ。

  

0
(0)

当サイトはWordpressを使って構築していますが、いい加減PHPのバージョンの低さ(PHP 5.4系)から最初のWordpressにバージョンアップできなくなって久しいので年末の大掃除も兼ねてバージョンアップすることにしました。試行錯誤部分もあったので備忘録としてメモ。

事前作業

OSバックアップ

Hyper-Vでスナップショットをとることで最終的なバックアップとしますが、念の為以下の2ファイルは手動でバックアップします。

/etc/php.ini
/etc/php-fpm.d/www.conf
/var/lib/mysql/wordpress <- 念の為
$wordpress/wp-content/plugins <- 念の為 

データベースのバックアップ

WordPressのDBManagerからデータベースのバックアップも取得しておきます。

WordPressのプラグインを全停止

バージョンアップ後にプラグインの不具合でWordpressの管理画面すらInternal Error500で表示されない場合がありますので、プラグインは全部停止しておきます。
PHP Compatibility Checkerで事前にチェックをしようとしたのですが、スキャンは終わったものの結果が表示されず、使用を断念しています。ちなみに旧バージョンの1.4.6をダウンロードしてみましたが、こちらもうまくいかずでした。

setoatu
旧バージョンのプラグインは直接リンクを指定してあげればダウンロード可能です。

PHP5.4の削除

rootで作業します。

# yum remove php-*

ここでphp関連モジュール(php-mbstring、php-mysql等)の何がインストールされていたか控えておきます。

setoatu
/etc直下や/etc/php-fpm.d配下でコマンドを実行するとエラーになるよ

レポジトリが壊れている場合には rpm --rebuilddbコマンドで修復できます。
setoatu

PHP7.2のインストール

レポジトリの追加

rootで以下のコマンドを実行。

# yum install epel-release
# rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

事前インストール

依存性の問題から以下のライブラリを手動でインストールします。エラーが出た時点で1つ1つ解決していけばいいので、ここで実施する必要はありません。

# wget https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/Packages/l/libargon2-20161029-3.el7.x86_64.rpm
# rpm -ivh libargon2-20161029-3.el7.x86_64.rpm

PHP7.2のインストール

php72を指定してPHP7.2をインストールします。PHP7.3をインストールしたい場合にはphp73を指定します。

# yum install --disablerepo=* --enablerepo=epel,remi,remi-safe,remi-php72 php

PHP7.2関連モジュールのインストール

先に控えておいたPHP関連モジュールをインストールします。
まずはphp-develから。

# yum install libtool
# yum install gcc-c++ libxml2-devel kirb5-devel zlib-devel openssl-devel libedit-devel
# yum install gcc-c++ libxml2-devel krb5-devel zlib-devel openssl-devel libedit-devel
# yum install --disablerepo=* --enablerepo=epel,remi,remi-safe,remi-php72 php-devel

そしてその他も。

# yum install gd-last
# yum install --disablerepo=* --enablerepo=epel,remi,remi-safe,remi-php72 php-fpm php-mbstring php-mysql php-pear php-process php-xml php-pdo php-gd

以上で終わりですが、念の為リブートしておきます。

WordPressの設定

WordPressのバージョンアップ

WordPressの管理画面にログインすることができたら、早速Wordpressを5.3にバージョンアップしましょう。

プラグインの再有効化

プラグインを1つ1つ有効化していきます。もし互換性のないプラグインがあってもエラーになり有効になりません。

setoatu
面倒でも必ず1つ1つ有効化しましょう。

記事は以上。


この記事は役に立ちましたか? | Is this article useful for you?

評価をお願いします | Please leave your rating.

平均 | Av.: 0 / 5. 投票数 | Votes: 0

最初の評価を下さい | Please vote for the first rating.

-Linux Server
-, , , ,

© 1999 - 2020 蒲田ネット