Linux Server

SPAMメール自動削除

  

0
(0)

やっぱりSPAMメールの数が多すぎてうざいので自動削除することに決定。
procmailを使用するやり方が一般的のようであるが、今回はqmail-scannerを使用したやり方のご紹介。

http://toribio.apollinare.org/qmail-scanner/download/よりQmail-Scanner-stをダウンロードします。
このST版はスコアが一定以上に達すると黙殺(reject/delete)したり、退避(quarantine)させるパッチを当てた物です。

本日時点では2.01が最新版なんだけど、daemonツールをインストールしたりしないといけないので今回は旧版の1.25stをダウンロード。パッチは当てなくてもいいみたい。

# tar zxvf q-s-1.25st-20050406.tgz
...
# cd qmail-scanner-1.25st
# export LANG=ja_JP.EUC
# ./configure --lang ja_JP.EUC \
--sa-quarantine 0.5 \
--sa-delete 0.5 \
--sa-reject yes \
--install

として、以前設定したように/var/qmail/bin/qmail-scanner-queue.pl
を編集して完了。

これにより、

  • スコアが3.0以上のメールはSpamメールと判定
  • スコアが3.0縲鰀3.5のメールについては一応配信
  • スコアが3.5縲鰀4.0のメールについてはReject
  • スコアが4.0以上のメールは黙ってDelete

という設定にしてみました。

この記事は役に立ちましたか? | Is this article useful for you?

評価をお願いします | Please leave your rating.

平均 | Av.: 0 / 5. 投票数 | Votes: 0

最初の評価を下さい | Please vote for the first rating.

-Linux Server
-,

© 1999 - 2020 蒲田ネット