広告・Googleアドセンス728px

Article(記事)

Linux から Windows共有フォルダにアクセスする

投稿日:2011年1月29日 更新日:

ご注意ください
この記事は2年以上前に書かれたものですので、内容が古い可能性があります。

smbfsってなくなってしまったとは露知らずプチはまりしたのでメモメモ。

Samba3.2.0 よりsmbfsはサポートされなくなったようで、CIFS(Common Internet File System)に統一されたようです。

上記に伴い/etc/fstabには以下のように記述をします。

/dev/VolGroup00/LogVol00 /                       ext3    defaults        1 1
LABEL=/boot             /boot                   ext3    defaults        1 2
tmpfs                   /dev/shm                tmpfs   defaults        0 0
devpts                  /dev/pts                devpts  gid=5,mode=620  0 0
sysfs                   /sys                    sysfs   defaults        0 0
proc                    /proc                   proc    defaults        0 0
/dev/VolGroup00/LogVol01 swap                    swap    defaults        0 0
//winserver/pub(Windows共有フォルダ)                /mnt/win(マウントポイント)        cifs username=(Windowsユーザ名),password=(Windowsユーザのパスワード),ro,codepage=cp932,iocharset=utf8,file_mode=0755,dir_mode=0755     0 0

上記設定で、

# mount /mnt/win

でマウントすることができます。

また、Linux起動時にWindows共有フォルダをマウントします。read-writeなのかread-onlyなのか、パーミッションはどうするのかなどオプション類はご自身の環境に合わせて設定してみてください。

手動でマウントする場合には以下のコマンドを実行します。

# mount //winserver/pub /mnt/win -t cifs -o user=(Windowsユーザ名)

この記事は役に立ちましたか?評価をお願いいたします。
[合計: 0 平均: 0]

広告336px

広告336px

-Article(記事)
-CentOS, Linux, Samba

Copyright© 蒲田ネット , 2017 AllRights Reserved.