広告・Googleアドセンス728px

Article(記事)

Dovecotのプロセスが勝手に落ちてしまう件

投稿日:2014年2月25日 更新日:

ご注意ください
この記事は2年以上前に書かれたものですので、内容が古い可能性があります。

Dovecotはお手軽なIMAP、POP3両方対応するサーバですが、気が付くとプロセスが落ちているときがありました。
なんでだろうとmaillogを調べてみると…。

# cat /var/log/maillog
Feb 19 07:15:40 kamatafl02_in dovecot: Time just moved backwards by 6 seconds. This might cause a lot of problems, so I'll just kill myself now. http://wiki.dovecot.org/TimeMovedBackwards

6秒戻ったのですごい問題だ、だから今から自殺します。詳細はhttp://wiki.dovecot.org/TimeMovedBackwardsを見てね

と言ってプロセスが自分で死んでしまうことが分かりました。いろいろ調べてみると5秒以上時刻が戻ると落ちるようですね。

そこで、NTPをStepモード(時刻を一気に合わせるモード)からSlewモード(徐々にあわせるモード)に変更すれば解決するはずです。

ntp.confの先頭にtinker setp 0 と入れるか-xオプション付きでntpデーモンを起動すればSlewモードになります。

 
# Force slew mode
tinker step 0
# Permit time synchronization with our time source, but do not
# permit the source to query or modify the service on this system.
restrict default kod nomodify notrap nopeer noquery ignore
restrict -6 default kod nomodify notrap nopeer noquery
# Permit all access over the loopback interface.  This could
# be tightened as well, but to do so would effect some of
# the administrative functions.
restrict 127.0.0.1
restrict -6 ::1
# Hosts on local network are less restricted.
#restrict 192.168.1.0 mask 255.255.255.0 nomodify notrap
restrict 192.168.30.0 mask 255.255.255.0
restrict 192.168.10.0 mask 255.255.255.0
restrict 192.168.40.0 mask 255.255.255.0
~

記事はここまで。

この記事は役に立ちましたか?評価をお願いいたします。
[合計: 0 平均: 0]

広告336px

広告336px

-Article(記事)
-CentOS, Mail, メモ

Copyright© 蒲田ネット , 2017 AllRights Reserved.