Diary (日記)

ヲレヲレ詐欺やってきた

2004年11月11日

ご注意下さい

この記事は3年以上前に書かれた記事ですので、内容が古い可能性があります。

0
(0)
オイラの実家にオレオレ詐欺がやってきました。

うちの実家に以下の電話。

「あつしだけど。ウェッ。子供轢いちゃって死んじゃった。ウェック。どうしよう。ウェーン」
(オレの声にそっくりだったらしい。その後電話が代わり)
「弁護士の鈴木(仮名)と申します。本日11時??分頃中野の早稲田通りを瀬戸さんが自動車で通行中に田中花子ちゃん6歳(仮名)と接触し、花子ちゃんは病院に運ばれる途中で亡くなりました。瀬戸さんは業務上過失致死傷罪で現行犯逮捕され中野警察署に拘留中です。」

ここで両親大慌て。すっかり平静を失い上や下への大騒ぎ。運悪くオイラは朝一から昼過ぎまでマラソン会議中で携帯の呼び出しに気付かず…。一時は本気で金を払おうとしたらしい。

お金というのは「遺族への保障は保険にて支払われますが、保釈金が必要です。298万6千円に収入印紙代が6万円。それと書類に6千円かかります」とのこと。芸が細かすぎ。

そのうちに母親が「オレオレ?」と疑い始めて偽のオレに対して妹の名前を聞いたところ「なんで今そんなこと聞くんだよ縲怐Bブチッ」って電話が切れたようです。そこで親父が中野警察署に管轄の交通事故を確認したら今日は全く事故なしということが判明して、一件落着。

しかし、オレの個人情報はどこまで流れているの?思い当たる節がないんだよねー。

この記事は役に立ちましたか?

評価をお願いします

平均: 0 / 5. 投票数: 0

最初の評価を下さい

  • この記事を書いた人

せとあつ

現在ドイツ赴任中の会社員。20年以上SIer業界で頑張っています。本ブログでは「コンピュータ関連」や趣味の「ガジェット」についての記事を書いています。
プロフィールもぜひ見ていってください

-Diary (日記)
-

Copyright© 蒲田ネット , 2020 All Rights Reserved.