広告・Googleアドセンス728px

Article(記事) Review(レビュー)

楽器を演奏する人に是非薦めたいiPhone/iPadアプリ

投稿日:2017年11月7日 更新日:

楽器を演奏する人は譜めくりが一つ大変な作業となりますが、iPadとiPhoneを利用することで足で譜めくりをすることが可能となります。今日はこのやり方についてご紹介します。

まずはなんと言ってもpiaScoreは外せません。多数ある楽譜をこのアプリ一つで管理できますし、一部の楽譜は無料でダウンロードすることが可能です。こんな神アプリが無料なんて信じられないくらいです。しかも広告も一切ないですし。

piaScore – スマートデジタル楽譜リーダー

piaScore – スマートデジタル楽譜リーダー
開発元:plusadd,Inc
無料
posted with アプリーチ

以前はジェスチャー譜めくり機能があり首を振るだけで譜めくりができたのですが、現在はこの機能は削除されているようです。
そこで譜面をめくるには自動スクロールにするか都度画面をタップするか譜めくりガジェットのBlueToothペダルを利用する必要があります。

ところがこのBlueToothペダルはちょっと高いですね。そこでiPhoneを譜めくりリモコンとして使ってしまいましょう。

譜めくりリモコン piaScore Air

譜めくりリモコン piaScore Air
開発元:plusadd,Inc
¥240
posted with アプリーチ

さて、まずはiPad、iPhoneともにBlueTooth接続をしますのでONになっている必要があります。
次にiPad側のpiaScoreを起動し、設定画面を開きます。左上の歯車アイコンです。

piaScore Airへ接続をONにします。

iPhone側でpiaScore Airを起動し、Wifiマークをオンにします。

接続先として、iPadを選択します。

するとiPad側で接続可否について確認してきますので「承認」します。

これで接続が完了しましたので、赤の「NEXT」をタップすると譜めくりがされ、青の「PREV」をタップすると前のページに戻るようになります。

もう一つこのpiaScore Airには「Air 譜めくり」という機能があり、iPhoneの近接センサー(電話を掛ける際に耳元に持ってくると画面が暗くなり誤作動を防ぐ機能)を利用して譜めくりができる機能です。これを利用して、iPhoneを足元置いておき、譜めくりする際に左足をiPhoneの上に持ってくると譜めくりができる、という訳です。

なお、このAir譜めくりは稀に動作しなくなることがあります。私の場合は

  • iPad側のpiaScoreタスクを落とし、再起動する
  • iPad側のWifiをOFFにする

ことで正常に動作するようになります。piaScore本体のバグだと思われます。

Enjoy音楽ライフ!記事は以上

この記事は役に立ちましたか?評価をお願いいたします。
[合計: 0 平均: 0]

広告336px

広告336px

-Article(記事), Review(レビュー)
-iPad Pro, iPhone, iPhone Apps, Piano, ライフハック

Copyright© 蒲田ネット , 2017 AllRights Reserved.