広告・Googleアドセンス728px

Article(記事)

Hyper-Vのバックアップが取得できない

投稿日:2017年8月25日 更新日:

Windows Server BackupでHyper-Vの仮想ホストがバックアップができない事象が発生しました。

イベントビューワを見てみると、Hyper-V-VMMS イベントID:10178で詳細は、以下のエラーです。

仮想マシン '(仮想ホスト名)' の構成で絶対 VHD パスを修正できませんでした: アカウントの制限により、このユーザーはサインインできません。空のパスワードが許可されていない、サインイン時間が制限されている、またはポリシーによる制限が適用されたなどの理由が考えられます。 (0x8007052F)。(仮想マシン ID (仮想ホストID))

回避方法ですが、こちらのMethod 2で回避できます。

具体的には、

  • グループポリシーの管理機能をインストール
  • NT VIRTUAL MACHINE\Virtual Machinesをサービスとしてログオンに追加
  • gpupdate /forceにてポリシーを反映

サーバーマネージャーの管理メニューから「役割と機能の追加」で、「グループポリシーの管理」を追加します(再起動は必要ありません)。

続いてサーバーマネージャーのツールメニューから「グループポリシーの管理」を選択し、「Default Domain Policy」を右クリックして「編集」を選択します。
「コンピュータの構成」→「ポリシー」→「Windowsの設定」→「セキュリティの設定」→「ローカルポリシー」→「ユーザー権利の割り当て」→「サービスとしてログオン」を選択し、「NT VIRTUAL MACHINE\Virtual Machines」を追加します。

ポイントとしてはHyper-Vがインストールされているホストで上記を実行する必要があります。
私の家の場合、DC上にHyper-Vはインストールされていませんので、DC上で実行すると、「NT VIRTUAL MACHINE\Virtual Machines」は検証できないアカウントです。とエラーになり追加できません。

記事は以上。

この記事は役に立ちましたか?評価をお願いいたします。
[合計: 1 平均: 4]

広告336px

広告336px

-Article(記事)
-Windows Server 2016 Standard, トラブル

Copyright© 蒲田ネット , 2017 AllRights Reserved.