広告・Googleアドセンス728px

Article(記事) Diary (日記) Review(レビュー)

猫のフン尿に困っている方へ送る撃退グッズ

投稿日:2017年7月28日 更新日:

野良猫、もしくは飼い猫を放し飼いしている地域なのかわかりませんが、昔から猫の糞尿被害に悩まされてきたsetoatuです。春になると盛りが付いてうるさいですし…。
古くから自宅の花壇にフンをされたり、バイクのカバーに尿をされたり、幼いころには野良猫が持ってきたと思われる蚤が家の中にまで入ってきた大騒ぎになった記憶もあります。

そんな中せっかく育てている芝生にフンをされるという事案が2件も発生しました。

おかげで匂いもひどいですし、フンをされたところは枯れちゃいますしなんとかしようと思います。実は以前も家の周りにフンをされたのでいろいろ試したことがあります。

猫の撃退グッズは大きく3つぐらいタイプがあります。

猫撃退グッズの種類

  • 超音波タイプ
  • 顆粒タイプ
  • ネットタイプ

超音波タイプは昔実家で使っていましたが、超音波の音が耳に付くんですよね。所謂モスキート音なので中年になった私には聴こえなくなっているかもしれません。ただ子供には聴こえるでしょうね。また意外とお高くなります。さらに猫も慣れてくるのか最初は効果があるのですが、慣れてくると装置の前を悠々と歩いたりして効果が薄れてきます。

顆粒タイプは匂いで撃退するタイプのものですが、この匂いがそもそも嫌な臭いですし雨が降ると成分が雨に流されてしまうという欠点があるので却下です。

ネットタイプは見た目がよくないので却下。芝生の上にネットを置くなんてナンセンスですね。

ということで超音波タイプの派生版である「猫まわれ右びっくりスプレー」を使って撃退しました。

猫まわれ右 びっくりスプレーセット : 製品紹介 : フマキラー株式会社

猫まわれ右びっくりスプレーの特徴

  • 赤外線で猫を検知しコールドスプレーを噴射
  • 雨にも強い設計
  • 手を叩くことで一時停止機能

というものになります。猫は水が嫌いな習性を逆手に取った撃退グッズです。
ただこのグッズにも難点があり、雨が降っていると雨の音を拍手と勘違いしてずっと一時停止状態になってしまう状況となってしまいます。また本体が日陰に設置してあっても、設置方向に日向があるとうまく動作しない時もありました。

私が購入したのは2014年頃で単4電池x4本のタイプだったのですが、2016年末ぐらいにマイナーチェンジして単3電池x4本に変更になりいろいろと機能改善されたようなので試してみることにしました。

さて、早速ですが開封の儀。パッケージは変わっていないようですが、

電池が単四形から単三形に変わったことが明記されています。

新旧並べてみても違いが分かりません。ちなみに左側が旧型、右側が新型となります。

電池は確かに単三になっています。こちらは旧型なので単四。

こっちは新型なので単三。

さて、猫の額ほどしかない庭ですがこのように設置してみました。

さて、以前のバージョンでは、雨の日は雨の音を手を叩いた音と間違えてずっとピーピー鳴っていたのですが今回の新バージョンではその点は改良されているようです。

肝心の効果の方ですが、猫を撃退したシーンを明確に見ていないのでなんとも言えません。が、その後糞尿の被害は発生していないので効果はあったのだと思っています。

猫の糞に困っている方は一度お試しあれ。

この記事は役に立ちましたか?評価をお願いいたします。
[合計: 0 平均: 0]

広告336px

広告336px

-Article(記事), Diary (日記), Review(レビュー)
-ガーデニング, ライフハック, 生活

Copyright© 蒲田ネット , 2017 AllRights Reserved.