広告・Googleアドセンス728px

Article(記事)

WordPressの性能チューニング(キャッシュ)

投稿日:2017年4月2日 更新日:

WordPressの性能チューニングの最終形として、WP Fastest Cacheを利用しています。

WPFCに限らずキャッシュ系のプラグインは、動的コンテンツを静的にキャッシュすることでサイト全体のスループットを向上するプラグインとなります。

どこまで有効かは不明ですが、このキャッシュをメモリ上に展開することでDiskIOが削減され全体的にスループットが向上する可能性があります。

プラグインによって、キャッシュディレクトリの指定ができたり、できなかったりするので注意が必要です。

メモリ上にファイルシステムを作成する場合はtmpfsを利用しますが、このtmpfsの領域はCentOSのリブートをすると削除されてしまう点に注意が必要です。

tmpfs   /home/httpd/html/shm                    tmpfs   defaults,size=96m       0 0
tmpfs   /home/httpd/html/wordpress/wp-content/cache                     tmpfs   defaults,size=256m      0 0

上記の利用方法では、WPFC用に$wordpress/wp-content/cacheに256Mbytesのtmpfsを作成しマウントしています。

記事は以上

この記事は役に立ちましたか?評価をお願いいたします。
[合計: 1 平均: 3]

広告336px

広告336px

-Article(記事)
-CentOS, CentOS7.3, WordPress, WP-Plugin

Copyright© 蒲田ネット , 2017 AllRights Reserved.