広告・Googleアドセンス728px

Article(記事) Review(レビュー)

iPhoneでメディアサーバ内の動画を見るのに一番いいアプリとサーバの設定は?(MediaTomb)

更新日:

ご注意ください
この記事は2年以上前に書かれたものですので、内容が古い可能性があります。

前回メディアサーバ内の画像をiPhoneで見るのに一番いいアプリの紹介をしました。
今回はメディアサーバ内の動画をiPhoneで視聴するのに一番いいアプリを紹介しようと思います。
併せてメディアサーバ(MediaTomb)側の設定についても見ていきましょう。

おさらいですが、iPhoneで視聴したい動画形式は以下の通りです。

<動画>
MOV(QuickTime。iPhoneで録画した動画のファイル形式)
AVI(Motion-Jpeg。デジカメで録画した動画のファイル形式)
MTS(AVCHD ハイビジョン映像。デジタル一眼レフで録画した動画のファイル形式)
ISO(DVDをリッピングしたもの)

上記動画を視聴するのに一番いい相性は実はPS3 Media Server(PMS)とPS3です。(静止画でも同様)
iPhoneに限って言えばPMSよりもMediaTombの方が相性がいいようですのでこちらを主に行こうと思います。

まずは適切にMediaTombの設定をしないとどのアプリでもほとんど何も動画を見ることはできないので設定しましょう。
唯一AirPlayerだけは素のMediaTombでもある程度視聴可能です。

/etc/mediatomb/config.xmlを以下のように修正しましょう。

<import hidden-files="no">
<scripting script-charset="UTF-8">
<common-script>/usr/share/mediatomb/js/common.js</common-script>
<playlist-script>/usr/share/mediatomb/js/playlists.js</playlist-script>
<virtual-layout type="builtin">
<import-script>/usr/share/mediatomb/js/import.js</import-script>
</virtual-layout>
</scripting>
<mappings>
<extension-mimetype ignore-unknown="no">
<map from="jpg" to="image/jpeg"/>
<map from="jpeg" to="image/jpeg"/>
<map from="gif" to="image/gif"/>
<map from="png" to="image/png"/>
<map from="m4v" to="video/mp4"/>
<map from="mp4" to="video/mp4"/>
<map from="mpg" to="video/mpeg"/>
<map from="mpeg" to="video/mpeg"/>
<map from="mp3" to="audio/mpeg"/>
<map from="ogx" to="application/ogg"/>
<map from="ogv" to="video/ogg"/>
<map from="oga" to="audio/ogg"/>
<map from="ogg" to="audio/ogg"/>
<map from="ogm" to="video/ogg"/>
<map from="asf" to="video/x-ms-asf"/>
<map from="asx" to="video/x-ms-asf"/>
<map from="wma" to="audio/x-ms-wma"/>
<map from="wax" to="audio/x-ms-wax"/>
<map from="wmv" to="video/x-ms-wmv"/>
<map from="wvx" to="video/x-ms-wvx"/>
<map from="wm" to="video/x-ms-wm"/>
<map from="wmx" to="video/x-ms-wmx"/>
<map from="m3u" to="audio/x-mpegurl"/>
<map from="pls" to="audio/x-scpls"/>
<map from="flv" to="video/x-flv"/>
<map from="mkv" to="video/x-matroska"/>
<map from="mka" to="audio/x-matroska"/>
<map from="avi" to="video/divx"/>
<!-- add -->
<map from="mts" to="video/avc"/>
<map from="m2ts" to="video/avc"/>
<map from="mov" to="video/quicktime"/>
<!-- <map from="iso" to="application/x-iso9660"/> -->
<map from="iso" to="video/mpeg:DLNA.ORG_PN=MPEG_PS_NTSC;DLNA.ORG_OP=01;DLNA.ORG_CI=0"/>
<!-- <map from="avi" to="video/divx"/> -->
<!-- Uncomment the line below for PS3 divx support -->
<!-- <map from="avi" to="video/divx"/> -->
<!-- Uncomment the line below for D-Link DSM / ZyXEL DMA-1000 -->
<!-- <map from="avi" to="video/avi"/> -->
</extension-mimetype>
<mimetype-upnpclass>
<map from="audio/*" to="object.item.audioItem.musicTrack"/>
<map from="video/*" to="object.item.videoItem"/>
<map from="image/*" to="object.item.imageItem"/>
</mimetype-upnpclass>
<mimetype-contenttype>
<treat mimetype="audio/mpeg" as="mp3"/>
<treat mimetype="application/ogg" as="ogg"/>
<treat mimetype="audio/x-flac" as="flac"/>
<treat mimetype="image/jpeg" as="jpg"/>
<treat mimetype="audio/x-mpegurl" as="playlist"/>
<treat mimetype="audio/x-scpls" as="playlist"/>
<treat mimetype="audio/x-wav" as="pcm"/>
<treat mimetype="audio/L16" as="pcm"/>
<treat mimetype="video/x-msvideo" as="avi"/>
<treat mimetype="video/mp4" as="mp4"/>
<treat mimetype="audio/mp4" as="mp4"/>
<treat mimetype="application/x-iso9660" as="dvd"/>
<treat mimetype="application/x-iso9660-image" as="dvd"/>
</mimetype-contenttype>
</mappings>
</import>
<transcoding enabled="yes">
<mimetype-profile-mappings>
<transcode mimetype="video/x-flv" using="vlcmpeg"/>
<transcode mimetype="application/ogg" using="vlcmpeg"/>
<transcode mimetype="application/ogg" using="oggflac2raw"/>
<transcode mimetype="audio/x-flac" using="oggflac2raw"/>
<!-- add -->
<transcode mimetype="video/x-ms-wmv" using="vlcmpeg"/>
<transcode mimetype="video/divx" using="vlcmpeg"/>
<transcode mimetype="video/avc" using="vlcmpeg"/>
<transcode mimetype="video/quicktime" using="vlcmpeg"/>
</mimetype-profile-mappings>
<profiles>
<profile name="oggflac2raw" enabled="no" type="external">
<mimetype>audio/L16</mimetype>
<accept-url>no</accept-url>
<first-resource>yes</first-resource>
<accept-ogg-theora>no</accept-ogg-theora>
<agent command="ogg123" arguments="-d raw -o byteorder:big -f %out %in"/>
<buffer size="1048576" chunk-size="131072" fill-size="262144"/>
</profile>
<profile name="vlcmpeg" enabled="yes" type="external">
<mimetype>video/mpeg</mimetype>
<accept-url>yes</accept-url>
<first-resource>yes</first-resource>
<accept-ogg-theora>yes</accept-ogg-theora>
<agent command="/usr/bin/mediatomb-transcode-video" arguments="%in %out"/>
<!--
<agent command="vlc" arguments="-I dummy %in --sout #transcode{venc=ffmpeg,vcodec=mp2v,vb=4096,fps=25,aenc=ffmpeg,acodec=mpga,ab=192,samplerate=44100,channels=2}:standard{access=file,mux=ps,dst=%out} vlc:quit"/>
-->
<buffer size="14400000" chunk-size="512000" fill-size="120000"/>
</profile>
</profiles>
</transcoding>
</config>
  • 122行:トランスコードする設定をONにします
  • 88-93行:拡張子とMIME-Typeを紐付けます
  • 128-132行:拡張子がwmv,mov,mts,aviのものをvlcmpegを使ってトランスコードします
  • 144-149行:vlcmpegがないのでffmpegでトランスコードするShell(mediatomb-transcode-video)を使います

mediatomb-transcode-videoは以下の通り。

#!/bin/bash
FFMPEG_PATH="/usr/bin/ffmpeg"
INPUT="$1"
OUTPUT="$2"
VIDEO_CODEC="mpeg2video"
VIDEO_BITRATE="1024k"
VIDEO_FRAMERATE="25"
AUDIO_CODEC="mp2"
AUDIO_BITRATE="128k"
AUDIO_SAMPLERATE="44100"
AUDIO_CHANNELS="2"
FORMAT="dvd"
exec "${FFMPEG_PATH}" -i "${INPUT}" -vcodec ${VIDEO_CODEC} -b ${VIDEO_BITRATE} 
-r ${VIDEO_FRAMERATE} -acodec ${AUDIO_CODEC} -ab ${AUDIO_BITRATE} -ar ${AUDIO_SAMPLERATE} 
-ac ${AUDIO_CHANNELS} -f ${FORMAT} - > "${OUTPUT}"

ここまで以下のサイトを参考に設定をさせてもらいました。
<参考サイト> vlc がないので ffmpeg でトランスコード
DLNAサーバーを試す[MediaTomb]編 – トランスコードしてREGZAから視聴
いーの日記

さて、それではiPhoneアプリに移りましょう。
どのアプリにも共通しますが、サーバ側でトランスコードされた場合、任意の箇所からの再生ができないので最初から再生するだけになってしまいます。

AirPlayer V1.0.08(¥600)
更新:2011/01/24
カテゴリ:ユーティリティ
価格:¥600
販売業者:Jonathan Young
App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要

動画の再生能力は一番高いアプリになっています。

iPhoneで録画したquicktimeの再生はもちろんできます。config.xmlの132行目がなくて、トランスコードされていなかったとしてもAirPlayerの設定画面からQuickTimeプラグインを有効にしてあげればiPhone側でエンコードして再生してくれます。
ただし、他のファイル形式を再生する場合邪魔する可能性があるので都度ON/OFFが必要になりますのでちょっと面倒くさいです。
 

AVCHDも綺麗に再生。

AVI(MotionJpeg)もこの通り。

wmvも再生可能ですね。(ちなみにこれ私です…。興味ある方はhttp://avons.jp/をご覧ください)

DVDからリッピングしたISOファイルもちゃんと再生されます。(DVDのメニューは使えません。)

LivingMediaPlayer 1.0.2(¥230)
更新:2011/01/14
カテゴリ:エンターテインメント
価格:¥230
販売業者:SIINFOGENIC CORPORATION
App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.2 以降が必要

お次は静止画の再生がイチオシだったLMPlayerですが残念ながらどれも再生できませんでした。拡張子を見てアプリ側で判断しちゃっているのかもしれません。
 

Media Link Player Lite 1.1.7(無料)
更新:2010/12/17
カテゴリ:エンターテインメント
価格:無料
販売業者:AlphaSystems, Inc.
App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要

Media Link Player 1.0.3(¥600)
更新:2011/01/24
カテゴリ:エンターテインメント
価格:¥600
販売業者:AlphaSystems, Inc.
App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要

次にMLPlayerと無料版のMLPlayer Liteですが、再生できたのはiPhoneの動画形式のQuickTimeのみ。

 

MediaBrowser、PlugPlayerは残念ながら再生可能な動画はありませんでしたので割愛します。

以上をまとめると、All in Oneで済ませたいのならAirPlayerをお勧めします。画像を参照時には多少モッサリしているので根気が必要です。画像と動画用を分けられるのであれば静止画はLivingMediaPlayer、動画はAirPlayerの組み合わせがいいのではないでしょうか。
(いずれもメディアサーバがMediaTombの場合)

ちなみに、MediaTomb x PS3 ですが、ISOファイルが再生できませんでした。また動画のサムネイルの作成ができないようです。
あと、AVCHDの再生は可能なのですが画質が粗いです。config.xmlの設定でトランスコードの設定をしているせいかだと思われます。対してPMS x PS3ではすごく綺麗に再生されます。(PS3側でエンコードしているからだと思われます)

この記事は役に立ちましたか?評価をお願いいたします。
[合計: 1 平均: 1]

広告336px

広告336px

-Article(記事), Review(レビュー)
-DLNA, iPhone Apps, iPhone4, Linux, PS3

Copyright© 蒲田ネット , 2017 AllRights Reserved.