広告・Googleアドセンス728px

Review(レビュー)

北京 @ Kawasaki

投稿日:2004年11月6日 更新日:

ご注意ください
この記事は2年以上前に書かれたものですので、内容が古い可能性があります。

この前結婚した夫婦がそろって東京に遊びに来たので久々に北京へ焼肉を食べにみんなで来た。
というより旦那に連れてきてもらった。

北京を単語で表すと、

・安い
・すっごくウマい
・店が汚い
・煙
・並ぶ
・愛想が悪い
・写真
・親父さんがあったかい

ってな感じでしょうか?
わかる人にはわかるかな。

日吉の焼肉交差点にある「焼肉 北京」ではありません。
ガス橋近くにある「焼肉北京」です。地元で北京といえばここ。

北京ですよ。

夫婦の旦那が北京の親父と仲が良いので、メニューには載っていない生肉が食えるんです。
それがこれ。ほんとに焼かなくて、そのまま食べれてしかも激ウマー。

ロース生肉!激ウマー

さっと一焼きして食べるのが香ばしくて◎です。

今日は4人で来て、

キャベツ x 4人前
上ロース塩 x 4人前
上タン塩 x 1人前
ホルモン x 2人前
キムチ x 1
ビール x 5

で結局食いきれない肉もあり。
3,000円/人だったかな。

キャベツはここの名物で(?)キャベツの千切りが山盛りドンって出てきたところに、焼肉のタレをぶっ掛けて食うんだけどおいしいです。最近キャベツとか超高いけど大丈夫なのかなーといらぬ心配をしてみたり。

そうそう、その夫婦の奥さんが今妊娠5ヶ月目。お腹もおっきくなって悪阻もだいぶ良くなったみたい。
このまま母子ともども健康でありますよーに。

この記事は役に立ちましたか?評価をお願いいたします。
[合計: 0 平均: 0]

広告336px

広告336px

-Review(レビュー)
-Gourmet

Copyright© 蒲田ネット , 2017 AllRights Reserved.