広告・Googleアドセンス728px

Review(レビュー)

パイロットフィッシュ

投稿日:2004年9月28日 更新日:

ご注意ください
この記事は2年以上前に書かれたものですので、内容が古い可能性があります。

大崎 善生 著

イーエスブックス - 本 - パイロットフィッシュ

人は、一度巡りあった人と二度と別れることはできない窶煤B午前二時、アダルト雑誌の編集部に勤める山崎のもとにかかってきた一本の電話。受話器の向こうから聞こえてきたのは、十九年ぶりに聞く由希子の声だった…。記憶の湖の底から浮かび上がる彼女との日々、世話になったバーのマスターやかつての上司だった編集長の沢井、同僚らの印象的な姿、言葉。現在と過去を交錯させながら、出会いと別れのせつなさと、人間が生み出す感情の永遠を、透明感あふれる文体で繊細に綴った、至高のロングセラー青春小説。吉川英治文学新人賞受賞作。

なんだか賞を受賞したようですが、僕にはサパーリ。
テーマがわからん。んで?と聞きたくなるような作品でした。

個人の現在は過去の記憶の上に成っているということが言いたかったのかなぁ。
わからんでもないけど、昔右向いていたのがいろいろと人生経験を積んで左を向くようになったことって別に悪いことではないと思う。でもこの作品の登場人物はそれを否定している。

確かに書きっぷりは透明感があるなー。。。

帰りがけに次の本買って帰りました。

今現在の本棚

この記事は役に立ちましたか?評価をお願いいたします。
[合計: 0 平均: 0]

広告336px

広告336px

-Review(レビュー)
-Books

Copyright© 蒲田ネット , 2017 AllRights Reserved.