広告・Googleアドセンス728px

Review(レビュー)

娼年

投稿日:2004年9月20日 更新日:

ご注意ください
この記事は2年以上前に書かれたものですので、内容が古い可能性があります。

池袋ウェストゲートパークの著者 石田衣良 の本。

イーエスブックス - 本 - 娼年

恋愛にも大学生活にも退屈し、うつろな毎日を過ごしていたリョウ、二十歳。だが、バイト先のバーにあらわれた、会員制ボーイズクラブのオーナー・御堂静香から誘われ、とまどいながらも「娼夫」の仕事をはじめる。やがてリョウは、さまざまな女性のなかにひそむ、欲望の不思議に魅せられていく…。いくつものベッドで過ごした、ひと夏の光と影を鮮烈に描きだす、長編恋愛小説。

らしいですが、恋愛小説ですかねー?官能小説の間違いかもしれない。
というより文学がわからない僕が読んだから官能小説に読めたのかも。

今日は部屋中のお掃除と洗濯。そして日用品のお買い物。午後は大半をそんなんですごしました。

この記事は役に立ちましたか?評価をお願いいたします。
[合計: 0 平均: 0]

広告336px

広告336px

-Review(レビュー)
-Books

Copyright© 蒲田ネット , 2017 AllRights Reserved.