広告・Googleアドセンス728px

Article(記事)

WPTouchのバージョンアップを楽に行う(パッチの作成)

投稿日:
更新日:

ご注意ください
この記事は2年以上前に書かれたものですので、内容が古い可能性があります。


WPtouchが3.1.8にバージョンアップされましたが、adsenseのコードの挿入いいね!の追加など独自にカスタマイズしている方も多いと思います。

ただ、バージョンアップするとカスタマイズしたコードが全て消えてしまうのでまた設定するのがかなり面倒だと思います。

その作業を軽減するためにパッチの作成をしてみましょう。

パッチの作成

まずはバージョンアップ前にカスタマイズしたPHPなどのバックアップを取ります。(ここでは/tmp配下にバックアップを取得しました。)その後通常通りWPTouchのバージョンアップを実施。

WS000286

いよいよパッチの作成です。

# diff -c $wordpress/wp-content/plugins/wptouch/themes/bauhaus/default/functions.php functions.php > functions.php.patch
# diff -c $wordpress/wp-content/plugins/wptouch/themes/bauhaus/default/single.php single.php > single.php.patch

$wordpressはWordPressインストールディレクトリですのでご自身の環境に合わせて読み替えてください。これでパッチファイルが作成が完了です。

パッチの適用

では先ほど作成したパッチを新しいWPTouchに適用しましょう。

# cd $wordpress/wp-content/plugins/wptouch/themes/bauhaus/default
# patch < /tmp/bauhaus/functions.php.patch # patch < /tmp/bauhaus/single.php.patch

簡単ですね。次回以降WPTouchをバージョンアップした際にはこのパッチを適用することでカスタマイズが反映される可能性が高いです。

記事はここまで。

この記事は役に立ちましたか?評価をお願いいたします。
[合計: 0 平均: 0]

広告336px

広告336px

-Article(記事)
-, , , ,

Copyright© 蒲田ネット , 2017 AllRights Reserved.