広告・Googleアドセンス728px

Article(記事)

iPhoneでメール通知(プッシュ)をもらう方法

投稿日:

ご注意ください
この記事は2年以上前に書かれたものですので、内容が古い可能性があります。


@northeyeさん作成のIMAProwlとiPhoneアプリのProwl: Growl Clientを利用することでメールのプッシュ通知を受けることが可能になります。以前から利用していましたが備忘録的に書き起こしておきます。

これを実現することで以下のようなことが可能となります。

  • メール受信のプッシュ通知を受け取ることができる
  • iPhoneでプッシュ通知を受け取った際に指定のメーラーを起動することができる
  • 契約外のdocomoメール(他の携帯のdocomoメールなど)などもプッシュ通知可能となる

条件はIMAPを利用しているメールサーバであれば対応しています(POP3は未対応)。

The Weight @northeye: IMAProwl 1.2.1

Prowl: Growl Client
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
価格: ¥300
販売元: Zac West(サイズ: 0.7 MB)

ProwlのサイトでAPI Keyを確認する

まずProwlのサイト(http://www.prowlapp.com/)でIDを登録します(無料)。

API Keysタブに遷移するとAPI Keyという欄があるので控えておきます。
WS000292

IMAProwlのインストール

https://github.com/takuo/IMAProwl/
上記サイトの右側の「Download ZIP」より全部ダウンロードしましょう。

# cd /usr/local/bin
# wget https://github.com/takuo/IMAProwl/archive/master.zip
# mv master master.zip
# unzip master.zip
# mv IMAProwl-master IMAProwl
# rm master.zip

次にスタートアップスクリプトを作成します。私の場合にはSambaのスタートアップスクリプトを流用したのか…(恥)
/etc/init.d/imaprowlとして以下のファイルを作成します。

 
#!/bin/sh
#
# chkconfig: - 91 35
# description: Starts and stops the Samba smbd and nmbd daemons \
#              used to provide SMB network services.
#
# pidfile: /var/run/samba/smbd.pid
# pidfile: /var/run/samba/nmbd.pid
# config:  /etc/samba/smb.conf
# Source function library.
if [ -f /etc/init.d/functions ] ; then
. /etc/init.d/functions
elif [ -f /etc/rc.d/init.d/functions ] ; then
. /etc/rc.d/init.d/functions
else
exit 1
fi
HOME='/'
# Avoid using root's TMPDIR
unset TMPDIR
# Source networking configuration.
. /etc/sysconfig/network
# Check that networking is up.
[ ${NETWORKING} = "no" ] && exit 1
# Check that config.yml exists.
[ -f /usr/local/bin/IMAProwl/config.yml ] || exit 6
RETVAL=0
start() {
echo
KIND="IMAProwl"
echo -n $"Starting $KIND services: "
#daemon nmbd $NMBDOPTIONS
(cd /usr/local/bin/IMAProwl; /usr/local/bin/ruby imaprowl.rb )
RETVAL=$?
echo
[ $RETVAL -eq 0 ] && touch /var/lock/subsys/imaprowl || \
RETVAL=1
return $RETVAL
}
stop() {
KIND="IMAProwl"
echo -n $"Shutting down $KIND services: "
killproc "IMAProwl/1.2.1.2"
RETVAL=$?
[ $RETVAL -eq 0 ] && rm -f /var/lock/subsys/imaprowl
echo ""
return $RETVAL
}
restart() {
stop
start
}
# Allow status as non-root.
if [ "$1" = status ]; then
rhstatus
exit $?
fi
case "$1" in
start)
start
;;
stop)
stop
;;
restart)
restart
;;
*)
echo $"Usage: $0 {start|stop|restart}"
exit 2
esac
exit $?

スタートアップスクリプトを登録してしまいましょう。

# chkconfig –add imaprowl
# ntsysv

ここまででインストールは終了です。

設定(サーバ側)

設定は/usr/local/bin/IMAProwl/config.ymlを編集することで行います。

  
## -*- encoding: utf-8 -*-
##
## example configuration (version >= 1.2)
##
## if undefine LogDir, Debug mode is forcefully enabled.
LogDir: /var/log/
Debug: false
Daemon: true
## API Key can be defined up to 5-keys with comma separated values.
Prowl:
APIKey: (先ほど控えたAPI Key)
## IMAP Accounts.
Accounts:
-
Application: GMail
User: (gmailのメールアドレス)@gmail.com
Pass: (パスワード)
Host: imap.gmail.com
BodyLength: 100
SubjectLength: 20
Priority: 0
Format: "%{subject} (%{name} <%{addr}>)"
Timeout: 7    # Timeout for NoResponse during IDLE. Recommend you set 6-7 for GMail. (in minutes)
-
Application: Kamata-net (自宅メールサーバ)
User: naisho
Pass: naisho
Host: localhost
BodyLength: 100
SubjectLength: 20
Priority: 0
Format: "%{subject} (%{name} <%{addr}>)"
Timeout: 7    # Timeout for NoResponse during IDLE. Recommend you set 6-7 for GMail. (in minutes)
-
Application: docomo-mail (docomoメール)
User: (docomo id)
Pass: naisho
Host: imap2.spmode.ne.jp
BodyLength: 100
SubjectLength: 20
Priority: 0
Format: "%{subject} (%{name} <%{addr}>)"
Timeout: 7    # Timeout for NoResponse during IDLE. Recommend you set 6-7 for GMail. (in minutes)
# -
#Application: SoftBank
#User: yourname
#Pass: password
#Host: imap.softbank.jp
#BodyLength: 256
#SubjectLength: 20
#Priority: 0
#Format: "Subject:%{subject} From:%{from}"
#NOOPInterval: 20  # NOOP(check) interval with no-IDLE mode. (in seconds)
#NoIDLE: true      # unnecessary, because it should be auto-detected.
#Enable: false     # diable this account. Set true to enable this account.

ドコモメールをIMAProwlでチェックしたい場合には以下の記事をご参考にまずはdocomoメール側の設定が必要になります。
2台持ち必見。ドコモメールをiPhoneに統合する方法 | kamata-net.com

設定(iPhone側)

続いてiPhoneのProwlの設定です。

Prowl: Growl Client
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
価格: ¥300
販売元: Zac West(サイズ: 0.7 MB)

Prowlを起動して、Prowlのサイトに登録したIDでログインします。右下の歯車を押下してSettings画面に入ります。

PL_PID_0C802A97-F5AD-4E29-B06B-DD48A491E66C PL_PID_AC282051-EE91-4153-9772-2BBD3B87BB65

Redirections画面にて「Add a New Redirections」設定を行います。Application Nameは適当ではまずく、config.ymlにて設定したApplication名とあわせる必要があるので注意が必要です。

PL_PID_0A48A650-3DD3-4572-8841-FA684270A8C3 PL_PID_67C4E3C1-5CC4-458C-B635-3B02E402E7DF

起動アプリは私の場合は当然?Sparrowにしています。I Love Sparrow.

PL_PID_CC8A7FA7-7A15-4812-B225-8CCFDA3DD425

Sparrow
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
価格: ¥300
販売元: Sparrow by Google(サイズ: 11.7 MB)

記事はここまで。

この記事は役に立ちましたか?評価をお願いいたします。
[合計: 0 平均: 0]

広告336px

広告336px

-Article(記事)
-, , , , , ,

Copyright© 蒲田ネット , 2017 AllRights Reserved.