広告・Googleアドセンス728px

Article(記事) Review(レビュー)

Evomail+が無料でしかもクール!

投稿日:
更新日:

ご注意ください
この記事は2年以上前に書かれたものですので、内容が古い可能性があります。


PL_PID_AF2A103B-627F-4EBE-BB97-5F6E40D9D015

今までiPhoneでメーラーと言えばSparrow一辺倒でしたが、開発中止が表明されて随分経ちます。
それでも去年iPhone5対応をした際には驚きましたが、iOS7対応はいまだされず…。今後も期待できません。

Sparrow 1.3.5(¥500)App
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
価格: ¥500
販売元: Sparrow by Google - Sparrow by Google(サイズ: 11.7 MB)

ところが、最近リリースされたEvomail+がsparrowにはまだ及ばないもののiOS7対応でなおかつユニバーサルアプリということもあるのでsparrowとの対比を交えながら紹介したいと思います。

Evomail+ 2.0.2(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
価格: 無料
販売元: Evomail, Inc. - Evomail, Inc.(サイズ: 11.7 MB)

まず最初にEvomail+はまだまだバグが多く、このソフト1つだけでは少々心許ないところですので私はsparrowと併用しています。

以下左側がSparrow、右側がEvomail+で比較していきます。

まずは対応しているプロトコルですが、

PL_PID_6AAD4505-438C-4669-BBBD-B057EFBBAF0A PL_PID_4AFE3D06-6040-45B1-A91A-9FF0DE4A9F62
sparrowはimapとpop3の両方に対応しています Evomail+は基本的にはimapのみの対応のようです

両方とも統合メーラーとなっており、複数アカウントを1つのビューで閲覧することができます。

PL_PID_B8A1FB6D-846E-4AC8-BBE6-C54D4F2FB0A1

PL_PID_2D252B6A-D3FA-4DC0-AD8E-7DF3B0C9B5DA
sparrowは非常にシンプルです。設定でアバターを表示することも可能ですがちょっとイケていないので私は表示していません。
7件のメールを表示できています。
Evomail+はアカウントごとに色が違う帯が付くので見易いです。アバターもグッド。しかしメールの件数は6件です。
PL_PID_472C5783-A3BC-4F9B-B7FB-F0D05B498BA1
PL_PID_92127F8A-64AA-422F-ACE0-905DDEB9A4FB
PL_PID_B0D40DAE-52AE-411B-938F-83701D8AF1AE
新規メール作成は右下のアイコンをタップして作成します。
複数メールを選択する場合は右上の「編集」ボタンをタップして選択します。選択後は左上のチェックボックスで「既読」、「フォルダ移動」、「アーカイブ」、「削除」が可能です。
Evomail+は左下の「+」アイコンをタップして作成です。
左下の「+」アイコンを上にスワイプすることで複数メールの選択が可能です。選択後は「アーカイブ」や「削除」ができますが既読には出来ないようです。
PL_PID_20964506-E373-4281-8661-3387FFCD0AD3 PL_PID_E099E7E8-9159-4293-B5A7-41EEE61ACDE9
PL_PID_1CA6A707-0880-43A6-9E1D-845D71178510
メール一覧で左にスワイプすると「返信」、「スター」、「フォルダ移動」、「アーカイブ」、「削除」が可能です。 Evomail+は左右スワイプにコマンドを割り当てられますが、私の場合左スワイプで「既読」、右スワイプで「削除」にしています。一括既読はできないものの片手でさくさく既読や削除することが可能です。

次は新規メール作成時です。

PL_PID_FA6C9122-FC22-44B3-90BA-D0BB90F84C9D
PL_PID_43582405-0DF5-43D8-B17D-4C949BC24554
PL_PID_411E74BB-7F06-47AF-9D97-D2820167E0A5
PL_PID_E525F625-67F7-46E3-8A15-D1B5753DE44B
普通に名前かメールアドレスを入力して宛先を決めた後にメールを作成しますが、iOS7対応していないのでキーボードがアレですね。 Evomail+は名前で検索する際に、姓-名では検索でヒットしない為、名-姓という風にFirstnameから入れる必要があります。メール作成画面は今風です。

次は個別のメールの見え方ですが、Evomail+の方に軍配が上がりますが操作感は同等もしくはSparrowでしょうか。

PL_PID_FAE58975-34C2-4612-9EF2-7FEA5070B3EB
PL_PID_7F3FB813-53C9-47C3-B7BD-F1686AE7B6EA

PL_PID_891CF74C-AF1F-4A12-A3D6-9169ADF8ECA4
sparrowはメール個別も非常にシンプル。Evomail+と比べるとヘッダ部分に大きく情報が取られて本文の表示がかなり少ないです。
ただし、次のメールに移る際に上へスワイプしていけば次のメールを表示することができます。
Evomail+はメールの件名に宛先メールの帯の色がついており非常に見易い。「To:me」と書かれている箇所をタップすると実際のTo/Ccが表示されます。
次のメールに移るには右にスワイプするか「<」ボタンを押す必要があります。(一旦一覧画面に戻る必要があります)

個別のメール閲覧時の操作です。その前にEvomail+のアイコンの説明がありますので掲載しておきます。慣れるまでちょっと難しいです。

PL_PID_163C4A5C-FB30-464B-84F5-4848F5EE1963

PL_PID_2921F6B5-467A-46F7-89E4-C0D0E2070E2D PL_PID_6B3C1CB5-7B2A-45A8-BF8A-77F1656AC2D9

右下の上矢印ボタンをタップすることで「新規メール作成」、「メール転送」、「スター」、「アーカイブ」、「削除」が可能です。 Evomail+は「<」ボタンを上にスワイプすることでメニューが現れ、「ラベル付け」、「スヌーズ」、「アーカイブ」、「削除」が可能です。

メールへの返信について

PL_PID_FAE58975-34C2-4612-9EF2-7FEA5070B3EB PL_PID_D97E62A6-AE8F-4A3E-A4B6-878ADDD58927

右上の矢印をタップすることで返信が出来ます。 Evomail+は「<」ボタンを長押しするとアイコンが表示され、「返信」、「全員に返信」、「転送」ができます。

ざっと見てきましたが、一旦ここまでで双方のメーラーの良いところ、悪いところをまとめてみます。一部上級者向けの用語も出てきますが分からない方は無視しても大丈夫な話です。

いいところ
  • 安定している
  • 細かい設定ができる
  • imapのフォルダマッピングもできる
    PL_PID_BFF02B38-96C9-4A52-9754-FAFEBF95CD70
  • なんと言っても格好いい
  • 将来性を感じる
  • ユニバーサルアプリなのでiPadからでも使えちゃう
  • しかも無料!
悪いところ
  • レスポンスがあまりよくない
  • フラットデザイン対応しておらず野暮ったい
  • まだまだ発展途上
  • メール検索ができない
  • ゴミ箱に入れたりアーカイブしりしても表示されない(どっかにいっちゃう)。ただしsparrowで見るとちゃんと居たりする
  • パフォーマンスがsparrow以上に悪い
  • デフォルトのメールアカウントをその他imapにしているといろいろと不具合が発生するようです。
    例)アドレス帳検索ができない、メール送信時にエラー(でも実際には送れてる)など
  • カスタムURLスキームへの対応が弱い(evomail://で新規メール作成は出来る)

SparrowがiOS7対応してくれるのが一番良いですが、Evomail+からも目が離せません。両者ともに頑張って欲しい!

(2014/2/1追記)
PL_PID_89F8D015-0F1F-4A6B-9A2B-F77E4DEBDDF9友人から問合せがあったので追記しておきます。Evomail+にi.softank.jpやdocomo.ne.jpのアドレスを登録する際にSMTPのポートを入力する必要があります。STMPのポートはデフォルトで587ですが、Softbank(メール/Eメール(i) SSL設定マニュアル)やdocomo(ドコモメールアプリ以外のメールソフトでのご利用方法)のSMTPポート番号は465 smtps/tcpなので、分かっている人が設定すると587を消して465を入力してしまうと思います。

これをやると認証が通らないので黙ってデフォルトのままサインインする必要があります。
いわゆるバグと言うやつです。

この記事は役に立ちましたか?評価をお願いいたします。
[合計: 0 平均: 0]

広告336px

広告336px

-Article(記事), Review(レビュー)
-,

Copyright© 蒲田ネット , 2017 AllRights Reserved.